冠婚葬祭の強い味方「互助会」とは

冠婚葬祭に備えて互助会への加入を!費用の軽減に役立つ情報サイト

互助会は結婚式やお葬式などをサポートする心強い存在

互助会はどのようなものなの?

互助会とは「会員どうしの助け合いを目的につくられた組織」です。
そのひとつに「冠婚葬祭互助会」があり、私たちの生活に根付いています。
戦後間もない1948年、「横須賀冠婚葬祭互助会」の設立が最初です。
結婚式とお葬式、二大儀式に際する相互扶助の精神は、時代を超えて引き継がれ、サービス業としても大きな需要があります。

互助会に入会すると、会員本人や同居家族の結婚式やお葬式のときなどにサービスが受けられます。
また、互助会のサービスは、親族間利用申請をすることで、別居家族や親族が利用することも可能です。
さらに、名義変更手続きにより、友人や知人に権利譲渡できる点でも注目されています。

なお、互助会のサービスを同居家族以外が利用するときは、手数料も含め、手続きの詳細について知っておくことが大切です。

会費の納入や利用方法は?

互助会への入会には会費の納入が必要になります。
入会時には、利用したいプランを選び、会費の納入方法(入会時の一括払い、分割払)を決めます。

会費の完納前でも、残りの掛金の一括払いによりサービスが利用可能です。
その場合は、早期利用手数料の有無についても確認しましょう。
また、所定の手数料を払うことで解約も可能ですが、納入したお金は全額戻らないため注意が必要です。

さらに、完納した会費は現金で受けられない点も大きな特徴があります。
互助会では、結婚式やお葬式時にサービスを受けることが条件だからです。
そこが積立貯金や保険との大きな違いです。
そのため、互助会の加入に際しては、きちんと理解しておきましょう。

もちろん、入会時の利用目的の変更は可能です。
また、利用権利がずっと続くなど、互助会はいろいろな点でも注目されています。


▲先頭へ戻る